アミノサルチル酸(Aminosalicylates)
アミノサルチル酸は5-ASAを含む粉末である。これらの薬は経口、或いは注腸により摂取され、身体に作用し、炎症をコントロールする。軽・中症のUCとクローン病に効果的で、再燃を予防し、緩解を維持する働きがある。

経口薬

スルファサラジン(製品名:アザルフィジン(Azulfidine))は初めてIBD治療に広く使われたアミノサルチル酸で、軽・中症のIBD患者の緩解導入と緩解維持に効果的である。薬効成分である5-ASA は自身を腸まで運んでくれるのに粉末であるスルファピリジン と結合しているが、スルファピリジンは一部の患者に頭痛、不眠、発疹などの酷い副作用をもたらす。しかし、スルファサラジンは副作用が出ない患者にとっては、安価で効果的な薬である。

スルファピリジンなしに5-ASAを運んでくれる新たな経口薬が開発されている。それは次のようなものである。

スルファサラジンを受け付けない人の90%の人は他の5-ASA製剤を飲むことが出来る。

他のデリバリーシステム

従来の経口による服用に加え、腸に5-ASAを運ぶ幾つかの方法(デリバリーシステム)がある。クローン病患者あるいはUC患者は異なる部位に炎症があるため、腸の異なる部位で5-ASAが放出されるように設計されている。

副作用

薬の飲み合わせ

処方箋薬やドラグストアで購入した複数の薬を飲む場合には飲み合わせに注意しなくてはならない。薬の組み合わせによってはある薬の効果を減らしたり、薬の薬効を強めたり、予期しない副作用を引き起こしたりする。 薬は服用する前に注意書きをよく読み、医師にはドラッグストアで買った薬も含めて全ての薬とあなたの状態を報告すべきである。 最も飲み合わせに注意を要するのは、スルファサラジンのみであるとも言える。

その他考慮すべきこと

Date Posted: February 24, 2006

原文:Aminosalicylates (CCFA)

訳:くろーん40


(2006年8月7日)

Home

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO